眼についての病気・基礎知識

2.主な眼の病気


 緑内障

緑内障とは、その人の目の耐えられる圧力を超えて、眼の固さである眼圧が高くなる事により視神経が圧迫されて、障害が起こる事により、徐々に見える範囲(視野)が狭くなる病気です。また、緑内障はいくつかのタイプに分類されますので、ご紹介したいと思います。

1.原発緑内障(げんぱつりょくないしょう)
2.原発解放隅角緑内障(狭義)(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)

・眼圧が正常値を超えている
・緑内障性の視神経の特徴的変化あり(それに伴った視野異常)
・隅角は正常
・緑内障に関係する他の疾患や先天異常がない
 

3.正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)

・眼圧は正常範囲におさまっている
・緑内障性の視神経の特徴的変化あり(それに伴った視野異常)
・隅角は正常
・緑内障に関係する他の疾患や先天異常なし
・日本人に比較的多く見られるタイプ
 
※正常眼圧緑内障は、広義の原発開放隅角緑内障に含まれます。 
 

治療:

 
①薬物治療
②レーザー治療
③手術
④経過観察

4.原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりゅくないしょう)

隅角の閉塞により眼圧上昇が起こるタイプ。急性のものと慢性のものがある。
 

a)急性原発閉塞隅角緑内障(緑内障発作)

 

<特徴>

 
 
隅角の閉塞により短時間に眼圧が上昇する
 

<症状>

 
眼圧上昇、視力低下、角膜浮腫、結膜充血、角膜充血など
自覚的には、視力低下以外に、眼の痛み、頭痛、悪心、嘔吐などの症状がある
 

b)慢性原発閉塞隅角緑内障


急性型に起こる症状が認められないもの
 
・眼圧は必ずしも高くない
・隅角が狭い
・その他所見は、開放隅角緑内障にも似ている
 

治療:

 
①薬物治療 ー 点滴・内服
②手術
 

5.続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう)

他の眼疾患、全身疾患あるいは薬物使用が原因となって生じる
 
治療:  
原因疾患の治療

6.発達緑内障(はったつりょくないしょう)

隅角形成異常が原因で起こる緑内障
早発型、遅発型、他の先天異常を伴うタイプがある。
 
治療:
①手術
②薬物治療

眼の病気・基礎知識

 
眼についての病気・基礎知識は、眼球の構造と役割、主な眼の病気、で構成されています。