当院の主な眼科治療

HOME >> 当院の主な眼科治療 >> オルソケラトロジー

オルソケラトロジー


1. オルソケラトロジーとは?

特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズ“オルソケラトロジーレンズ”を用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。
 
いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装着し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良くみえるようになります。さまざまな近視屈折矯正法の中でも角膜を傷つけることなく非常に安全な方法で近視と乱視を矯正することができる画期的な近視屈折矯正法として、世界的に注目を浴びています。
 
オルソケラトロジーは近視の進行予防効果があることが報告されており、学童期の子供たちには、有効な矯正方法だといえます。

2. 安全性

この角膜矯正療法はすでにアメリカで30年以上にもわたって研究、施術され、その素材の安全性についてはFDA(アメリカ食品医薬局)でも承認済みです。
 
アメリカではパイロット、消防士、フライトアテンダント(客室乗務員)、スポーツ選手をはじめ、既に120万人以上の方がこの処方を受けています。また、なにか問題が生じてもレンズ装用をやめれば角膜は元の状態に戻るので安心して使用することができます。
さらに夜間に家で装用するので日中のようにほこりなどが目に入り、痛くなったりすることもなく、紛失する心配も減るなど、多くのメリットもあります。

3. 角膜形状矯正の仕組み

4.オルソケラトロジーの効果

オルソケラトロジーの効果は、意外なほど早く現れます。1~2時間のテスト装用で、0.1くらいの視力が1.0になることも、珍しくありません。
 
個人差がありますが、ほとんどの方が装用開始から3日間くらいでその回復した視力が終日持つようになります。
裸眼視力を維持すめ為、毎晩装用することが基本ですが、安定してくると1日おき、2~3日おきに装用でも十分な方もたくさんいらっしゃいます。
装用スケジュールやどれくらいの視力を出すかなど自由に調整できるのもオルソケラトロジーの大きな魅力といえます。

5. 実際の処方例

6. 患者様の体験談

患者様の体験談(高校生 男性)
 
私は近視でめがねを持っていましたが、めがねとの相性が良くなく、コンタクトレンズも苦手で日常生活に不自由を感じていました。たとえば、周囲1メートル以上先をみると、目が無理をして焦点をあわせるので、ひどく疲れる、離れたところにある時刻表や、バスの行き先表示が見えないので、バスに乗ることが容易にできないといったことです。
オルソケラトロジーレンズを付けるようになってよかったことは、
①目が疲れなくなった
②遠くの時刻表や看板の文字が見えるようになった
③はじめて1年経つが近視の進みがない
ことでしょうか。
はじめて、オルソケラトロジーレンズをつけてはずした後、周囲の景色がくっきりと見える。長く近視とつきあってきたわたしにとって、自分の裸眼で周囲の景色をくっきりと見るのは子供のころ以来で、感動してしまいました。メガネ、コンタクト等の補助具なしに(たとえ、夜中にレンズをつける必要があっても)昼間、自分の目で日常生活をすごしていけるのは非常にすばらしいことです。たまたま、あだち眼科でオルソケラトロジーのことを知り、経験できたのは、素晴らしいめぐり合わせだったと思っています。
 

7. 装着までの流れ

8. Q&A

Q.1 どんな人が必要ですか?
 A.1スポーツをされている方、職業上または資格取得のために裸眼視力が必要な方、普段メガネやコンタクトなどで不便を感じている方等
 
Q.2 通院期間はどのくらいですか?
 A.2 基本的な定期検診スケジュールは、翌日、1週間後、1ヵ月後、その後3ヶ月毎となっておりますが状態により医師の指示に従って下さい。
 
Q.3 年齢制限はありますか?
 A.3 年齢制限はありません。65歳まで適応可能です。幅広い年齢層が治療の対象となっています。
 
Q.4 危険ではありませんか?
 A.4 通常のコンタクとレンズと同じです。適切なケアと医師の指示に従って使用すれば安全です。
 
Q.5 治療に向かない人はどんな人ですか?
 A.5 強度近視やひどい乱視、眼疾患のある方、コンタクトのケアができない方等。いずれも、検査により簡単にわかりますのでご相談ください。
 
Q.6 レンズの扱い方が難しいのでは?
 A.6 多少注意を要しますが、基本的な扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。
 
 
Q.7 注意しなければならない事は何ですか?
 A.7 オルソケーレンズは、屈折矯正を目的としてデザインされた特殊なコンタクトレンズです。従って、眼科専門医の指示による装用スケジュールを守る事こよって、最大の矯正効果を得る事ができます。

9. 費用

健康保険適用外のため、検査・治療費は全額自費診療扱いとなります。契約料はレンズ代・年間の定期検診費用・指導料を含み、初年度は片眼10万円です。そして、毎年1年後にリテーナー契約料として片眼1万3千円の費用がかかります。その他、オルソケラトロジーに必要なケア用品や点眼液の費用が必要となります。
 
*事前検査・診察・カウンセリング・テストレンズ装用に関しては各種保険が適応となり、費用は千円~2千円程度となります。(各種保険割合による)
*矯正開始から1週間以内に予期せぬ合併症などで装用継続が不可能と診断された場合や、患者様側の事由で治療の中止を希望される場合は、レンズを返却して頂き、契約料からその時点までの指導料・ケア用品・点眼液の費用を除いた片眼7万円をお返しします。また、矯正開始から3ヶ月以内であれば片眼3万5千円の返金となります。
*患者様側の責任で、レンズを交換する必要が生じた場合は(レンズの寿命・キズ・破損・紛失等)、片眼3万円の費用がかかります。レンズの寿命は約2~3年です。
*当院でのオルソ定期検査に来院しない、また、レンズ装用を中止する場合などいかなる場合であってもレンズを返却していただきます。

当院の主な眼科治療

 
境町・あだち眼科での主な眼科治療内容を解説していきます。